スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸見てある記(その一)

2泊3日の慌ただしい帰省から帰ってまいりました~。
ホントにあっという間。帰省ぐらいもっとのんびりしたいよ~。
でも諸々の事情により長居が許されないので、毎回こんな感じ…。
今回は車でなく、新幹線だったのでまだあちこち行けた方かなあ。
ということで色々と写真も撮ってきたので、ボチボチと書き残して、私の故郷である「神戸」を紹介していきたいと思いま~す。

まず今回は子供たちが随分と大きくなって、何を見ても聞いても興味をもってくれるような年齢になってきたので、あちらこちらの神戸ならではの場所を見せてあげたいというのが第一の目的だったのです。
なので第一日目は手始めに「異人館めぐり」。
神戸は言わずと知れた古くからの貿易港で、おしゃれ~な外国人居留区が今も残っていて、公開されているものもたくさんあるのです。
私が小さい頃には普通に人が住んでいるものもたくさんあって、たぶん公開されている数は今よりもっと少なかったのではないかなあ。
今はざっと数えて20以上はあるみたい。
一体何から見たら良いんだよ~!って感じだったので、とりあえず一番有名どころで入館料も一番お高い「うろこの家」でも見せておけば間違いはないだろう、と三宮駅のコインロッカーにドデカイ荷物を置いて、北野坂の一番てっぺんを目指したわけです。
ですが…、だいたい金曜日は暑すぎました。
関西だけかもしれませんが、真夏かと思うほどの残暑で子供たちもぐったり。
新幹線を降りて間もなくで、しかも千葉にはあり得ない急な坂道の連続。
こんな感じです。わかるかな?
20050926174521.jpg

神戸はとにかく坂が多いですからね。
北野に観光に行かれる方はどうぞ歩きやすい靴でどうぞです。

これはもう子供たちの我慢も限界か?と思ったそのとき、道を一本間違えて目的のうろこの家ではなく、余り行くつもりの無かった「イタリア館」の前に来ておりました。
メイドカフェ風エプロン姿のおばちゃんが余りに熱心に入館を勧めるので、ここで涼んでいくのも良いだろうと立ち寄ってみました。
「ちゃんとガイドまで付いてくれるのはここだけで、最近公開が始まったので『うろこ』ほどは有名でないが絶対にここが一番見応えがありますよ。」と言うのです。
確かに見応えありました!
ということでイタリア館の紹介はまた後ほど…。

テーマ : 神戸見てある記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MIZU♪

  • Author:MIZU♪
  • beads大好き主婦のMIZU♪です!
    Beady*EyesではハンドメイドGallery公開中♪
    別館Galleryにもお立ち寄り下さい。
    万年ダイエット中~!
    リバウンドに負けるなー!!!
    オー!ヽ(`0´)ノ
    blogランキングに参加中です♪


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ細工へ
最近のコメント
リンク
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。